特ダネ!芸能ニュース

気になる芸能ニュースを一気読み

高畑淳子を待ち構える5億円借金地獄 “レイプ犯の母”イメージで共倒れ危機

   

 ビジネスホテルの女性従業員に乱暴したとして、強姦致傷容疑で俳優、高畑裕太容疑者(22)が逮捕された事件。裕太容疑者が芸能界で生きていく道は閉ざされたが、その母親、高畑淳子(61)も共倒れの危険が迫っている。親子が歩む道は、相当なイバラの道である。



 高畑は26日の謝罪会見で、裕太容疑者の芸能界復帰については否定。自身についても年内の舞台は予定通りに活動するとしたうえで、その後は「分からない」とした。

 人気女優の高畑だけに、「所属事務所には、舞台だけではなく、ドラマや映画、テレビを含めてオファーが連日あったようです。『1年先まで埋まっている』と言われた番組もあったと聞いています」と放送関係者。

 だが、バカ息子の不祥事を受けて、高畑自身、来年以降の休業を視野に入れているという情報もある。「高畑の憔悴ぶりは激しい。予定されている舞台の仕事でさえ、きちんとこなせるのかも怪しいほどだそうです」と芸能関係者は話す。

 一方、オファー自体も激減することが予想される。早くも、業界内では、高畑へのオファーに二の足を踏む声が上がっているのだ。

 「今後、オファーは正直しにくい。ドラマよりもバラエティーのほうが声をかけにくい。本業のドラマは高畑淳子だからという部分もあるが、バラエティーのゲストは誰でもいいわけですから。ショーンKに声をかけにくいのと同じ」とバラエティー番組のプロデューサーは明かす。

 別の番組関係者は、息子が“レイプ犯”というイメージの悪さを危惧する。「ベッキーの不倫騒動以上に、オファーのタイミングは、世論をみながらになる。テレビ局としては、やっぱり世論は気にせざるを得ない」

 高畑に待っているのは、仕事での困難だけではない。裕太容疑者の降板をめぐって、5億円にのぼるともいわれる違約金。その返済は、裕太容疑者をバックアップしてきた母親である高畑にも大きくのしかかる。

 「まずは裕太容疑者が所属する事務所が負担することになるが、高畑は息子の保証人になっているうえ、彼の芸能活動を手助けしてきただけに、折半以上の負担をするとみられている」と芸能プロダクション関係者。

 「これに自身のCM降板などで発生する違約金が...

【 ━━━記事を読む━━━ 】

 - エンタメ芸能ちゃんねる

  関連記事

no image
二度と再結成することがなさそうなSPEED
 政務活動費約690万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、29日に神戸地裁で懲役1年6ヵ月、執行猶予4年を言...記事を読む
貴乃花親方が爆弾準備!モンゴル力士の八百長に関する決定的ネタに相撲協会戦々恐々
 横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=の平幕・貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に対する暴行問題で、日本相撲協会と...記事を読む
no image
前田敦子と勝地涼の披露宴中継をテレビ局争奪戦! フジは3億円提示か
 交際発覚からわずか半年足らずでスピード結婚をした元AKB48で女優の前田敦子(27)と俳優の勝地涼(31)。...記事を読む
東京ラブストーリー、「女性セブン」で続編!27年ぶり連載へ…25年後のカンチとリカ描く
 1991年に鈴木保奈美さんと織田裕二さん主演でテレビドラマ化されたマンガ「東京ラブストーリー」の25年後を描...記事を読む
女性専用LOVEエステの実態を確かめるべく女性記者が潜入

昨今増える一方の男性にマッサージしてもらう女性専用LOVEエステの実態を確かめるべく女性記者が潜入し体験してき...

記事を読む
no image
二階堂ふみ、「ゴチ」を1年で降板!?後任にが内定済み!?

 ダンナを射止めるならまず妻から――。昨年8月に夫で俳優の堺雅人(42)との間に第1子をもうけた女優の菅野美穂...

記事を読む
no image
【画像】森3中・黒沢かずこ、フライデーされ反響

森3中・黒沢かずこがフライデーされ反響の声が続々と寄せられている。


【画像】


記事を読む
no image
ZOZO前澤社長がまた挑発「言いたい放題言っているようで、誠にご苦労様です」
 女優の剛力彩芽(25)と交際中のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ...記事を読む
no image
山田優の「離婚する!」が効かない小栗旬
モデルでタレントの山田優(34歳)が、バラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。夫である小栗旬...記事を読む
no image
藤原竜也、堂本光一、岡田准一、嵐まで…濱松恵と丸山桂里奈の「関係を持った男たち」暴露合戦
『週刊実話』(日本ジャーナル出版)誌上で、濱松恵(34)が「私を抱いた男たち(アイドル編)」と題して、これまで...記事を読む