特ダネ!芸能ニュース

気になる芸能ニュースを一気読み

フジ『27時間テレビ』、MCリレーの痛々しさと目玉企画が“素人ダンク大会”の末期度

   

 フジテレビの毎年恒例番組『FNS27時間テレビ』(7月23~24日生放送)の司会者が、12組以上による“リレー形式”であることが発表された。



 7日現在告知されているMC陣は、明石家さんま、中居正広、加藤綾子、ネプチューン、松岡茉優、坂上忍、雨上がり決死隊、おぎやはぎ、ブラックマヨネーズ、フットボールアワー、柳原可奈子、高橋真麻で、今後さらに増えるという。さらに、“フェス”がテーマの今回は、“フェス実行委員”として、陣内智則、山崎弘也、オードリー、ピースらがMCリレーをサポートする。

「フジは『豪華MCリレー』などと煽っているが、要はメーンMCが決まらなかっただけの話。今年はウッチャンナンチャンに打診したものの、あっさり断られたと、もっぱら。やはり迷走中のフジの看板を背負うのは、タレントとしてはリスクが高すぎる。今年は、バイキングのレギュラー陣や、元フジのフリーアナなど、芸人を中心に“断れない人たち”をかき集めたという印象です」(テレビ誌ライター)

 案の定、ネット上でも「全然豪華じゃねー」「見飽きたわ!」という声が相次いでいる。また、現段階で明らかにされている目玉企画は、「FNS全国高校生スーパーダンク選手権」「FNS全国そっくりキャラ選手権」「ナオト・インティライミ 27時間で名曲100曲歌うからみんな集まれフェス」「ビートたけし中継」の4企画。「FNS全国高校生スーパーダンク選手権」は、先生を含む7人の高校生チームが、トランポリンを使ってジャンプしながらバスケットゴールのバックボードに連続でボールを当て、最後の人がダンクシュートを決める競技だという。

「昨年、盛り上がらなかった『FNSちびっ子ホンキーダンス選手権』が、今年は素人のダンク大会に変わっただけという印象。さらに、夜はさんまと中居のトークというお決まりパターン。昨年、平均視聴率10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で歴代ワースト3という惨敗を喫した同番組ですが、今のフジでは、思い切った新企画に協力してくれるタレントも見つからない。もともと、日本テレビの『24時間テレビ』のパクリ番組としてスタートした『FNS27時間テレビ』ですが、27時間を埋めるのにただただ...

【 ━━━記事を読む━━━ 】

 - エンタメ芸能ちゃんねる

  関連記事

no image
押切もえ、「にわかぶり」と「往生際の悪さ」が話題
 「AneCan」(小学館)専属モデルの押切もえ(35)が、『有吉反省会 美女と猛獣の2時間スペシャル』(日本...記事を読む
no image
PerfumeがAKB48にダンスが上達してると発言!AKBファンから「上から目線」だと批判の声

 人気テクノポップユニット・Perfumeが、AKB48に対して「上から目線」のダンス評を言い放ったとして、A...

記事を読む
アメリカと北でやっとけ」 海老蔵に批判殺到!

 アメリカと北朝鮮との間で高まる軍事的緊張状態について、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)がブログで投稿した内...

記事を読む
no image
AKIRA主演「HEAT」、初回は6・6%の大爆死

 「EXILE」のAKIRA(33)が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「HEAT」(火曜後10・00、初回の...

記事を読む
no image
「遅咲き」アーティスト秦基博 10年かけて音楽性や歌声が浸透

来年でデビュー10周年を迎える秦 基博の約2年ぶりとなるアルバム『青の光景』(16日発売)が、初週に42,2万...

記事を読む
壇蜜の体毛事情に笑福亭鶴瓶が言葉失う「足りない分は自毛で何とか」
「チマタの噺」(テレビ東京系)で、タレントの壇蜜が体毛事情を明かし、笑福亭鶴瓶を唖然とさせていた。



番組では、壇...記事を読む
no image
指原莉乃、SNSでの悪口を警察に相談する意向を明かす
 AKB48の指原莉乃が17日、フジテレビ系のバラエティー番組「ダウンタウンなうSP」に出演し、「ブス」とSN...記事を読む
no image
ベッキー事務所の混乱ぶりに爆笑
「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、サンミュージック所属のお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが、事務...記事を読む
元光GENJI山本淳一が温泉街でアルバイト!意外すぎる現在を告白



ジャニーズの伝説的グループ・光GENJI

光GENJIは、1987年8月に「STAR LIGHT」でデビューした...

記事を読む
桐谷美玲へ「世界中のブスに謝れ」 フジ「人は見た目」主演に違和感

2017年4月13日、第1話が放送されたフジテレビの連続ドラマ「人は見た目が100%」に納得がいかない視聴者が...

記事を読む