特ダネ!芸能ニュース

気になる芸能ニュースを一気読み

田中圭、賭け麻雀後に内田理央と深夜個室会合

   

 都内の繁華街にある雑居ビルの一室。1990年代のJ-POPが流れる小さな店内で、60代以上の高齢男性たち3人と一緒に麻雀卓を囲みながら、30代のイケメン男性が真剣な表情で牌に見入っていた。



 聞こえてくるのは乾いた麻雀牌を交ぜる音と、「ポン」「チー」、そして「ロン」という気合の入った声。賭博場はその熱気ゆえに“鉄火場”と呼ばれるが、この雀荘にも同じような熱い空気がたちこめているようだ。そこにいたイケメン男性は、俳優・田中圭(34才)だった──。

 会社の上司と後輩の2人の男性から突然告白された、まったくモテないサラリーマンを描いたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。Twitterで世界一のトレンドワードになったほどで、その主役を演じた田中は大ブレーク。11月1日には『日経トレンディ』が選ぶ「2018年 今年の顔」に選ばれた。

「売れ始めたのは最近のように思われていますが、彼は『おっさんずラブ』の前から引く手あまたで、2011年から2018年の8年間で、32クール中28クールで連続ドラマに出演しています。不倫に溺れるサラリーマン役の『東京タラレバ娘』(2017年放送、日本テレビ系)や、現在放送中の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)では元カノとの関係を断ち切れずヒロインを振り回す彼氏を演じるなど、女性たちの間では“愛されるダメ男”として人気が沸騰しています」(テレビ局関係者)

 田中が冒頭の雀荘で夢中に牌を見つめていたのは、「今年の顔」の表彰式があったその日の夜だった。

「この雀荘は場所を移しながら20年くらいは続いていて、3卓しかない小さい店だけど、4人連れの客が卓を囲む『セット』のほかに、居合わせた客同士で卓を囲む『フリー』がある。フリーの場合、最初に“見せ金”として2万円をチップに換えてやりとりするスタイルで、店を出る時に換金する。いわゆる賭け麻雀の店です。レートは1000点100円で、15~20分くらいで決着がつく東風戦だから、調子が悪いと一晩で10万円ほど負けることもあります」(客の1人)

 田中が入店したのは夜10時頃。店の奥にあるフリーの卓に向かい、高齢男性たちと挨拶を交わし、さっそく卓を囲んだ。

 隣の男性から、「最近忙しそうだな。明日も仕事なんだろ?」と声をかけられると、「もちろん明日も仕事なんだけど、珍しくスタート時間が遅いんだよね~」と警戒することなく答える田中。1時間ほど経つと、田中は「次で終わりね、わかった~?」と言い、11時過ぎに雀荘を後にした。

「その日は5000円勝って帰っていきました。田中くんが座る席は、腕に覚えがある強豪たちの卓。常連になって腕を認めてもらえないと彼とは一戦交えられない。まず“一見さん”と同席になることはないですよ。それくらいは気をつけている」(前出・客)

 この3日前にも、田中は仕事終わりにこの雀荘を訪れ、そしてチップを精算して帰っていった。

◆親友・小出恵介と六本木の雀荘通い

 田中は芸能界でも有数の麻雀好きとして知られている。今年7月にはサイバーエージェントの藤田晋社長(45才)がチェアマンを務める麻雀プロリーグ『Mリーグ』の発足会見にゲストとして参加。麻雀は「学生時代から楽しんでいる」と明かした。最初に触れたのは「駄菓子店とゲームセンターの中間のような店」にあった1回20円の麻雀ゲームで、「勝つとコンピューターの女の子が洋服を脱ぐんですよ。“なんだこのゲームは”と思った。20円でずっとやってた」と話し、笑いを誘った。

「20代の頃、現在は芸能活動休止中の親友・小出恵介さん(34才)と一緒に、六本木の雀荘に行っては朝まで打っているのをよく見かけました。田中さんが結婚して子供もできたのと、仕事が忙しくなったのとで、最近は雀荘に行っても数時間ほどで帰るようです」(芸能関係者)

 しかし、1日の夜、雀荘を1時間で切り上げ田中が向かったのは、2011年8月に“授り婚”をした妻や2人の愛娘が待つ自宅ではなく、自宅近くにある行きつけの飲食店。その個室で合流したのが、女優の内田理央(27才)だった。

 内田は『おっさんずラブ』で田中の幼なじみを演じた共演者である。

「個室から聞こえてきたのは女性の声ばかり。“ねぇ、聞いてよ。この前さあ~”とか“超ウケると思わない?”という感じで。定期的に2~3分ぐらい沈黙がありましたが、終始女性はごきげんな様子。2時間くらいしたところで、他の男性が部屋に入って3人連れになりましたが、ドアが開いてチラッと中が見えた時には、女性が田中さんにしなだれかかるようにして座っていました」(居合わせた客)

 一行が店を出たのは午前3時。内田はタクシーで、田中は連れの友人男性が運転するバイクの後ろに乗り、それぞれの自宅へと帰った。田中が雀荘で「明日は珍しくスタート時間が遅い」と話していたように、束の間の空き時間を満喫していたのか。

 ちなみに賭け麻雀は、刑法185条が定める賭博罪に抵触し、原則的には違法である。とはいえ、繁華街に雀荘は普通に存在しており、警察側もそう厳密に取り締まるわけではない。摘発の対象となるのは一晩に何十万円も動くような高額レートの雀荘だともいわれている。

「一般的には“1000点200円”程度を超えると摘発の対象となるとみられ、それより低いレートは見逃されるともいわれています。法的には低額で暴力団の関与などの問題がなければ違法性が阻却されることがあります。しかし、その判断は微妙で、実... 【 ━━━記事を読む━━━ 】

 - エンタメ芸能ちゃんねる

  関連記事

妻夫木聡とマイコが結婚へ「ささやかな幸せのある家庭を」
 俳優の妻夫木聡(35)と女優のマイコ(31)が結婚することが4日、わかった。同日、所属事務所を通じて発表した...記事を読む
no image
芸能界復帰を望む“逆ギレ”坂口杏里、現在も『60分20万円』の風俗嬢だった
元タレントの坂口杏里が自身のインスタグラムに「芸能界復帰希望」をつづったことが話題になっている。



坂口は10月5...記事を読む
no image
佐々木希と熱愛発覚のアンジャ渡部、姑息な揉み消し工作?後輩まで利用し“笑えない”醜態

 4月22日付ニュースサイト「NEWS ポストセブン」が女優・佐々木希とお笑いタレント・渡部建(アンジャッシュ...

記事を読む
林修先生、キラキラネームと学力の相関性語る! 東大合格者の名前は…

 予備校講師でタレントの林修氏(52)が、TBS系「林先生が驚く初耳学」(午後8・57)に出演。キラキラネーム...

記事を読む
安藤美姫、居酒屋での大開脚写真をInstagramに投稿したのはファンのためだと語る
プロフィギュアスケーターの安藤美姫(28)が、フジテレビ系バラエティ番組『モシモノふたりザワつく女たちの素顔の...記事を読む
袴田吉彦のブスすぎる不倫相手として話題の青山真麻「深田恭子のような女優になりたい」と女優に意欲

 俳優・袴田吉彦との不倫を週刊誌上に告白したグラビアタレントの青山真麻が、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜...

記事を読む
松井一郎府知事、森友問題で辻元清美議員に触れないメディアに苦言「民進党の要請を受けた忖度でしょ」

松井一郎大阪府知事が「民進党の要請を受けた忖度でしょ」と、籠池夫人のメールに関し辻元清美議員に触れないメディア...

記事を読む
カッコ良さがわからない俳優一位に…佐藤健の”オンナ癖と黒歴史”

俳優の佐藤健(27)がインターネットサイト『gooランキング』の「ぶっちゃけ“カッコ良さがわからない”若手俳優...

記事を読む
「桑田佳祐は国民に対して謝罪しろ!」サザン所属事務所・アミューズ前で抗議デモが行われる


また、桑田佳祐さんがライブ中に自らが受章した紫綬褒章を持ってパフォーマンスを行ったとされることも相まって、「反...記事を読む
第13回 好きな女性アナウンサーランキング 日テレ・水卜麻美アナが4連覇!

 ORICON STYLEは、毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。13回目となる今回は...

記事を読む