特ダネ!芸能ニュース

気になる芸能ニュースを一気読み

なぜ森田剛と再婚? “恋多き女”宮沢りえの「男の履歴書」

   

「すったもんだがありました」――。宮沢りえ(44)が缶チューハイのCMでこんな自虐的なセリフを口にしたのは貴花田(当時)との婚約、破局騒動の翌年の94年のことだった。それから約四半世紀。この間も“すったもんだ”だらけだった宮沢が先週16日にV6の森田剛(39)との再婚を発表した。



 18日、都内で行われたサントリー緑茶「伊右衛門」新CM発表会。本木雅弘(52)、元SMAPの草彅剛(43)らと登場した宮沢はCM内では夫役の本木から「このたび、私の『妻』が世間を相当ざわつかせておりまして。おかげさまで多くのご祝福をいただきまして、妻にかわってお礼を申し上げます」と祝福されると、「ありがとうございます」とはにかんだ笑顔を見せた。

 しかしながら、宮沢といえば数々の男たちと浮名を流してきた恋多き女。「なんで森田だったんだ?」という声が、長く宮沢を取材しているマスコミや関係者から聞こえてくるのである。振り返れば、かつて「世紀の結婚」と騒がれた貴花田にはじまり、ビートたけし、中村勘三郎、市川右近、市川海老蔵、中田英寿、ISSA……と噂になった男はとうてい片手では足りず。さらに宝石デザイナー、劇作家ときて、離婚した元夫は元プロサーファーで実業家。そしてたどり着いたのが森田というわけだが、納得よりも驚きの方が強いのも当然だろう。

 森田は5歳年下。ジャニーズのアイドルグループ「V6」のメンバーで、かつては素行不良が取り沙汰されたことも。それ自体に問題があるわけじゃないものの、りえの相手としてみるとやはり違和感は拭えない。ビートたけしは2016年、森田との交際について、一部連載でこう書いている。

「かわいそうだから、あんまり悪口は言いたくないけどな。おっかさんの影響が強くて、そこから抜け出すのが大変だったからか、りえちゃんは男を見る目も少し違うのかな」

■解けた「りえママ」の呪縛

 母光子さんは宮沢が18歳のときのヘアヌード写真集など世間をあっと言わせるプロデュース、マネジメントで知られ、「一卵性母娘」とも呼ばれた。そんな「りえママ」は14年に65歳で他界したものの、宮沢の恋愛観や結婚観にまで大きな影響を及ぼしていたといわれている。

 森田とは、前夫との正式離婚から5カ月後、16年8月の舞台「ビニールの城」で初共演。交際が報じられたのが同10月であった。

 それから1年半でのゴールインについて、一部スポーツ紙は、8歳の長女の存在が決め手になったと報じているが、どうなのか。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「たけしさんらとの交際が取り沙汰された当時、りえさんは飯倉のイタリアン『キャンティ』でデートしたりしていました。深夜の六本木のバーから出て来た時のうつろな表情を今も覚えています。どうして、はるか年上の男ばかりを交際相手に選ぶのか不思議でしたけど、あのときは誰かに支えてほしかったのではないでしょうか。恋という前に、どうしていいか分からなかったのかもしれません。そんなりえさんにとって、娘さんの存在はたしかに転機だったようです。一緒にいる時間を大切にしているのか、ときに仕事先へも連れていく姿は、1988年のアグネス論争を彷彿とさせました。ステージママだった光子さんと違い、りえさんが娘さんのことをオープンにしない姿勢を見せているのが印象的。成城の名門幼稚園の入園式に、娘さんの手を引いていたりえさんが今回の再婚についても、娘さんの存在抜きに決断されたとはたしかに思えませんね」

 ではなぜ森田だったのか。

「森田さんは舞台俳優として、評価が高いんです。ジャニーズのアイドルは続けながらも、舞台で生きていこうとしてい... 【 ━━━記事を読む━━━ 】

 - エンタメ芸能ちゃんねる

  関連記事

no image
流行語大賞 そだねー、(大迫)半端ないって、おっさんずラブ…候補30語発表
 年末恒例「2018ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の候補30語が7日、同賞の事務局から発...記事を読む
no image
柳原可奈子、結婚を決めた理由に驚きの声 「かわいい…」「すごい素敵」
タレントの柳原可奈子が5日、曜日MCを務める『バイキング』(フジテレビ系)で入籍したことを発表した。


【詳細】


記事を読む
no image
フジテレビが「海猿」の原作者に謝罪

 フジテレビは大ヒット映画「海猿」の原作者で漫画家の佐藤秀峰さんに許可を得ないまま関連書籍を出版したとして、7...

記事を読む
美奈子、「新ダディ」をテレビ初公開! 妊娠糖尿病乗り越え第7子出産
 「ビッグダディ」こと林下清志氏の元妻でタレントの美奈子(34)が26日、TBS系「爆報!THEフライデー」(...記事を読む
no image
なぜ「アグネス・チャン」は我々をイライラさせるのか?

 さすがに、♪オ(↑)ッカのうっ(↑)エ~と妙な日本語で歌った時代を知る人は少な くなっただろうが、以後も常に...

記事を読む
no image
SMAP解散騒動の元凶・メリー喜多川氏に批判殺到!「まさに老害」「パワハラ」「経営者視点皆無」

1月13日に始まったSMAPの解散騒動。経緯や現在の状況が次第に明らかになっていく中、ネットではジャニーズ事務...

記事を読む
“ほっしゃん。”こと星田英利が引退へ 「夏から引退を会社と相談」

 ほっしゃん。の芸名でお笑い芸人としても活動したタレントの星田英利(45)が6日、芸能界引退を所属事務所「よし...

記事を読む
TBS、「イスラム国戦闘員の家族に日本人か」のナレーションとともに笑顔の佳子さまの映像を流す暴挙
 TBS系の夕方の報道・情報番組で、イスラム国に関するニュースのナレーションの際、秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま...記事を読む
no image
芸名かと思ったら本名で驚いた意外な芸能人ランキング
芸能界にはさまざまな理由から、芸名を使用している人が少なくありません。しかし一見いかにも芸名っぽい芸能人の中に...記事を読む
嵐・松本潤“裏切りの4年恋人”AV女優の葵つかさを直撃!「心配してくれてるような内容の連絡きた」

「週刊文春」は昨年末、長年交際する恋人・井上真央(30)の存在がありながら、嵐・松本潤(33)が、人気AV女優...

記事を読む